研修家事代行として仕事を行うならば、働く上での必要となる資格はありません。家事代行は、部屋の掃除や料理、買い出しなどをするので、多くの方が日常で行っている作業の延長とも言えます。ただ家事代行の仕事はお金をもらい、プロとして作業をするので、その仕事は完璧であり、依頼主に満足してもらわないとなりません。家事代行をするならば、満足してもらうだけの、十分なスキルは必要となるでしょう。普段から家事を中途半端に行うような方は、やはり家事代行でも仕事が中途半端になりがちです。自分のスキルに自信がないならば、研修や資格取得サポート制度のある会社に応募すべきです。

採用後は研修をしっかりと行ってくれて、必要に応じて資格取得で出来ます。資格に関しては、清掃を行うにの役立つ資格、料理を作るのに役立つ資格と、取得する資格でも、それぞれで役立つ分野が違います。どのような場面で役立てたいのか考えて、取得する資格を選ぶと良いでしょう。また会社によっては、資格を取ると手当を出すこともあります。さらには、このような家事で役立つような資格は、自分の日常の家事でも役立てることが出来るので、取得すると仕事でも日常でも役立ち便利です。